ペット可の物件も!!港区の賃貸マンションは最強の住みやすさ

Pocket

愛するペットと一緒に港区の賃貸マンションへの入居を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

・住みやすさに定評がある港区で新しい生活をスタート

東京23区の少し南側かつ海に面している港区。ビジネス街、ファッション街、六本木ヒルズや東京タワーなどの観光スポット、趣のある商店街など……。
港区とは多彩な側面がある街なのです。

港区は一軒家よりもマンションが圧倒的に多いエリア。
集合住宅に住んでいる割合が約
9割といいます。したがって賃貸マンションを探す苦労はほとんどないでしょう。

省エネ対策に取り組んでいるのが港区の特色。
太陽光発電システムといった省エネルギー機器を配置した事業者に対しては経費を一部負担、
地域緑化に積極的と認められた建築物には『みどりの街づくり賞』を授与するなど、環境対策に対して手厚い支援を行っています。
港区民が緑豊かな環境で暮らせるのは、このような取り組みがあるからなのです。

東京23区の中でもっとも国際色が豊かな港区。
区内に約
80ヵ国もの大使館があることが大きな理由といえます。
大使館が多いので、いたるところで警官が目を光らせています。治安がいいのは必然なのです。

 

 

 

 

 

・港区の賃貸マンションにはペット可の物件がいろいろ

 

かつて賃貸マンションでは、ペットの飼育は基本的に禁止でした。
そのため隠れてペットを飼って、住民間でトラブルが起こるケースも。

ところが昨今のペットブームによって、ペット可の賃貸マンションは増加傾向に。
港区の賃貸マンションでも同様で、マンション管理規約でペットの飼育が正式に許可されている物件はたくさんあります。
ただし飼育可能なペットの種類や大きさは決められているので、確認が必要です。

ペット可の賃貸マンションですから、当然ペット好きな方が多く入居しています。
ペットを愛して共に生活している居住者が同じマンション内にいることは、心強くもあります。
ペットがきっかけで新しい出会いやコミュニティが生まれる可能性も高いので楽しみですね。

ただし、ペットの飼育には飼い主の責任が不可欠なので、よく検討することが重要。

賃貸マンションの設備・構造・間取りはもちろん、公園・ドッグラン・動物病院・ペットショップの有無などを確認しないといけません。
そしてペットへのしつけをしっかり行って、他の居住者との間でトラブルが起こらないように配慮しましょう。

 

 

 

 

 

・港区にあるペット可の賃貸マンションの家賃相場は?

 

専用の足洗い場や、一緒に遊べる共有スペースが設置されているペット可の賃貸マンションも少なくありません。
さらに部屋には、ペットの感電防止のためにコンセントを高く設置し、傷になりづらい床材を使用するという工夫が。
ペットに快適な暮しを提供するために、最近の賃貸マンションは設備の充実に余念がありません。

ですから、ペット可の物件の中には、家賃と敷金が高めに設定されているケースも。特に注意したいのは敷金。
ペットが原因となる室内の傷や汚れに関しては、飼い主が修繕する義務があります。入居の前に十分に確認することが大切です。

とはいえペット可ではない港区の賃貸マンションの家賃と比較しても、極端に高くはありません。
数万円上乗せされる程度か、さほど変わらない物件も。

1R10万円前後から、1K1Rでは約12万円、1LDK2DKで約23万円、2LDK3DKで約40万円。
以上が港区のペット可の賃貸マンションの家賃相場といえます。

港区にある賃貸マンションの中で、ペットと一緒に暮らせる物件について説明してきました。

素晴らしい住環境で、愛するペットと暮らせるのです。

検討することをおすすめします。